架空サービスで2.8億円詐取か 創業者と社長を逮捕

有料会員記事

[PR]

 架空のサービス料金の名目で顧客の口座から現金を引き出したとして、警視庁はインターネット接続事業をしていた「あくびコミュニケーションズ」(東京都渋谷区破産手続き中)の創業者ら2人を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕し、15日発表した。認否は明らかにしていない。

 逮捕されたのは、創業者の遠山和久(39)=東京都目黒区=と、社長の佐竹雅哉(43)=埼玉県越谷市=の両容疑者。

 捜査2課によると、2人は2019年12月、同社のネット通信サービスの利用者延べ約9千人の口座から、計約2億8500万円を不正に引き出した疑いがある。

 本来の料金は計1千万円以下で、大半が架空のサービスだったという。同じ時期にクレジットカード払いで契約していた顧客延べ約3千人からも同様に詐取した疑いがあり、被害額は計約5億円に上る可能性があるとみている。同課は、2人が引き出した金を会社の運転資金などに充てたとみて、裏付け捜査を進めている。

 同社は15年3月に設立され…

この記事は有料会員記事です。残り138文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら