天童よしみ×コロッケ=? 本人もびっくり舞台で初共演

会員記事

尾崎希海
[PR]

 演歌歌手の天童よしみとものまねタレント・コロッケが、舞台で初共演する。4月22日から大阪市新歌舞伎座で始まるスペシャルコンサートで、どんな化学反応を起こすのか。21日には新譜も出す天童が、意気込みを語った。

拡大する写真・図版自身もものまねされることの多い天童。一番似ていると感じたのは、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおのものという。「あれは最高でしたね! 特徴をとらえてる」=西岡臣撮影

 天童自身、最初に共演の話を聞いたときは驚いたという。「え、コロッケさんと!? 私、ものまねできませんよ、って」

 異色のとりあわせだが、共通点は芸に対して生真面目なところ。かつて「天童さんのものまねは、歌がしっかりしていないとダメなんですよ」と言われたことが印象に残っている。「コロッケさんは基本がしっかりしていて、幅も広い。エンターテイナーとして尊敬している」

珍島物語」から最新曲まで

 コンサートは2部形式。1部はコロッケのものまねが中心。300種類以上のレパートリーをもつという名人芸と天童のコラボに注目だ。2部は天童のオンステージ。ヒット曲「道頓堀(とんぼり)人情」「珍島(チンド)物語」にアルバムからの最新曲も織り交ぜる。新型コロナへの不安が世の中を覆う今こそ「おなかの底から笑えて元気になれる、最高のステージを届けたい」と意気込む。

 自身もつらい1年を送った…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら