元トップ湖月わたる 「エリザベート」語る 大学生活も

有料会員記事宝塚歌劇団

聞き手・尾崎希海
写真・図版
元星組トップスターの湖月わたるさん。4月17日から始まる「エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート」の東京公演に出演する=工藤隆太郎撮影
[PR]

元星組トップスターで75期生の湖月わたるさんは、96年に星組、98年には宙組で「エリザベート」に出演しました。宙組で3番手として演じたルキーニ役への思いとは。退団後に進学した大学のことや、学びつづける喜びについても語ってくれました。

宝塚歌劇団OGのみなさんが、次の人を指名しながらリレー形式で登場するインタビュー企画。今回は、元雪組トップ娘役の愛加あゆさんから、湖月さんへ。

すみれForever:24

 今年はミュージカル「エリザベート」の宝塚版が初演されてから25周年。その記念のガラ・コンサートに出演しました。

 前回の20周年から5年が経ち、明日海りおさん、朝夏まなとさん、望海風斗さんという3人の新たなトート閣下をお迎えし、ガラコンのカンパニーもひと世代若返った。「エリザベート」を見て、宝塚をめざしたという子もいてとてもうれしく思います。そういう作品に出会えて幸せです。

 現役時代、「エリザベート」には2度出演しました。星組ではエルマー役。稽古場では、フランツ・ヨーゼフとルドルフの2役もさせていただいた。

 宙組ではルキーニ役。とても難しい役どころでしたが、やりがいもありました。

写真・図版
こづき・わたる 1989年、75期生として入団。星組から宙組、専科への組替えを経て星組トップスターに。2006年退団。

 ルキーニのなかにはいろんな役割がある。リアルタイムで行われている裁判と、ストーリーテラーとしての役割。そしてカフェのシーンやミルクのシーンでは、登場人物に紛れ込んでいる。2幕の幕開けはお客様とのキャッチボールも担っていた。やらなくてはいけないことが多かったなあ。エルマやルドルフとは全然違いましたね。

 トートという偶像を作り出たのは、ルキーニ自身です。エリザベートとトート閣下の恋を成就させるため、テロを犯し殺人を犯したと訴えるわけで、言わばルキーニの作・演出。妄想の生み出した作品ですから、全体を把握することが大切だったんです。

後半では、当時発足したばかりだった宙組での思い出や、ガラ・コンサートで感じた「初めての感覚」についても聞きました。

 トート閣下とルキーニの関係…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。