兵庫県、まん延防止対象地域を拡大 知事「医療危機」

新型コロナウイルス

武田遼
[PR]

 兵庫県は15日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の対象地域を、現在の4市から10市町に拡大することを決めた。兵庫県のこの日の新規感染者は493人で、前日14日の507人に続く過去2番目の多さだった。

 県内では5日から、神戸、尼崎、西宮、芦屋の4市が重点措置の対象だった。22日から新たに宝塚、三田、伊丹、川西、明石各市と猪名川町の6市町が加わる。これらの地域で感染が急拡大しているという。

 期間は5月5日まで。この6市町の飲食店などに対する営業時間の短縮要請は、午後8時(酒類提供は午後7時)までに1時間繰り上がる。

 井戸敏三知事は15日に開いた対策本部会議で「入院調整者が1千人を超えており、本来入院すべき人が入院出来ないで自宅待機を強いられている。医療が危機的状態にある」と述べた。(武田遼)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]