メニコンが愛犬向けサブスク 飼い主失った後もケア

有料会員記事

今泉奏
[PR]

 コンタクトレンズのメニコンは16日から、犬の健康のためのサブスクリプション定額制)事業を始める。犬用のコンタクトレンズや眼科検診の支援などに携わってきた経験を生かし、犬の保険や獣医師相談などを組み合わせたサービスにした。飼い主を失った場合に引き取って育てるコースも用意し、廃校を改築した専用施設もつくる。

 新事業は「犬(Dog)」の頭文字をとった「&D」。24時間対応の獣医師相談が受けられる基本プランに、犬の健康保険や、飼い主が高齢や病気で飼えなくなった場合などを想定した「引き取り飼養」といったコースを加えることができる。入会金のほか、サービスや犬種に応じて月額1650~1万300円かかる。5年間で会員2万人、売上高は10億円を目指す。将来的には愛猫家へのサービスも構想している。

廃校改築し、引き取り施設に

 メニコンは引き取り飼養のため、茨城県内の廃校を改築する。計72頭分の部屋を備え、家のリビングに近い環境でケアをするほか、飼い主への譲渡もできるようにする。今年秋に着工し、来年から受け入れる予定で、当初の引き取りは関東限定となるという。

 同社が今回目指すのは、人間…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら