新宿の駐車場で4人死亡1人重症 消火設備が誤作動か

[PR]

 15日午後5時過ぎ、東京都新宿区下落合4丁目のマンション地下1階の立体駐車場で消火設備が作動し、作業員の男性6人が取り残された。1人は自力で脱出したが、4人が死亡し、1人が重症となった。警視庁は噴霧された二酸化炭素による中毒の可能性があるとみて調べている。

 戸塚署によると、死亡した作業員は30代くらいの2人と50代くらいの2人で、重症となっている作業員は20代くらい。また、東京消防庁によると、自力で脱出した作業員は30代という。

 現場は地上4階、地下1階のマンション。戸塚署や東京消防庁によると、6人はこの日朝から、地下1階の駐車場で老朽化した天井の石膏(せっこう)ボードを張り替える作業をしていた。

 作業中に何らかの原因で消火設備が作動してしまい、二酸化炭素が充満したとみられる。防火扉が閉まり、作業員が閉じ込められた可能性もあるといい、署が当時の状況を調べている。

 現場はJR山手線目白駅の南西約600メートル。