アストラ製ワクチン、広がる接種再考 デンマークで中止

会員記事新型コロナウイルス

ロンドン=金成隆一、ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種について、欧州連合(EU)加盟国の独自の動きが目立ってきた。デンマーク当局は14日、接種の停止を表明。ロイター通信によると、欧州で全年齢を対象に止めたのは初めて。EUの専門機関は「接種のメリットはリスクを上回る」としているが、年齢制限の導入も広がっている。

 デンマーク当局は14日、「アストラゼネカ製なしで接種計画を進める」と発表した。接種後に血栓ができる症例の報告を受け、3月11日から接種を中断していたが、全ての接種予約を取り消すことを決めた。

 副反応の深刻なリスクがあることに加え、感染がある程度抑えられ、他社製ワクチンの入手が可能であることも理由としている。すでに1回目の接種を受けた人には今後、別のワクチンが提供される。状況により再開も検討するという。

 欧州医薬品庁(EMA)は今月7日、同社製ワクチンの接種後に血栓ができるのは「極めてまれ」としつつも、副反応との判断を示した。「ワクチンを打つメリットはリスクを上回る」としたうえで各国に最終的な判断は任せている。

 ドイツフランスも3月下旬、それぞれ60歳以上、55歳以上に接種を限った。60歳未満の女性に発症が多いことなどが背景にある。

 また、ロイター通信によると…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]