福島知事、風評対策などを要請 海洋放出めぐり経産相に

会員記事

笠井哲也、関根慎一
[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水をめぐり政府が海洋放出の方針を決めたことを受け、福島県の内堀雅雄知事は15日、風評対策や漁業者らへの支援などを申し入れた。不祥事が続く東電への指導・監督も求めた。政府は16日に関係閣僚会議を開き風評対策を話し合う。

 内堀氏が15日に経済産業省を訪れ、梶山弘志経産相に申入書を手渡した。政府が丁寧に説明することや、放出に向け確実に浄化処理することを要請した。内堀氏は「県民からは海洋放出への反対や、新たな風評を懸念する意見が数多く示されている」と述べた。梶山氏は「重く受け止めしっかり対応する」と答えた。

 東電は柏崎刈羽原発新潟県)でテロ対策の不備などが発覚し、原子力規制委員会から同原発での核燃料の移動を禁じられた。申入書では、相次ぐ不祥事やトラブルに多くの県民が不安を感じているとし、「抜本的な改革が図られるよう強く指導、監督してほしい」と求めた。

 内堀氏は「県は海洋放出を容認する、しないという立場にない」という。賛否を明確にしない理由を記者団に問われると、「廃炉の責任は国と東電にある。福島だけではなく全国に関わる問題だ」などとした。

県内でも意見が異なることへの配慮が背景に

 福島県内では多くの首長が…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら