楓浜ヨイショ 白浜のパンダ木登り練習

勝部真一
【動画】ジャイアントパンダの楓浜が新しい遊具で木登り練習=勝部真一撮影
[PR]

 和歌山県白浜町アドベンチャーワールドジャイアントパンダ「楓浜(フウヒン)」が、屋内運動場の新しい遊具で「木登り練習」を始めた。15日から公開され、入園者らがあたたかく見守っていた。

 園によると昨年11月22日に生まれたメスの楓浜は、3月7日から歩き始め、29日には走るような行動をするなど徐々に活発さを増している。ジャイアントパンダは身を守るために高い木に登る習性があり、生後5カ月ごろから自らの力で木登りを始めるという。

 ヒノキの紀州材で作られた新しい遊具は、すのこの上に高さ20~40センチの丸太を11個配置し、木登りの練習につながるようにした。一番上から落ちてもけがをしない安全な高さという。

 何度も挑戦する楓浜の姿に飼育員の中谷有伽さんは「たくさん元気に遊んで成長してくれたらいいなと思う」。昨年9月に生まれた長女の羽音ちゃんら家族5人で訪れた横浜市鶴見区の須田優花さんは「初めてなのにがんばって登ろうとして、好奇心もあっていいなと思った」と話していた。(勝部真一)