入試採点ミス相次いだ茨城県 マークシート導入を検討

佐々木凌、藤田大道
[PR]

 茨城県立高校の入試などで採点ミスが相次いだ問題で、原因の究明や再発防止策の検討をしている第三者委員会の第2回会合が15日、県庁であった。具体的な防止策が議論され、マークシートの部分的な導入などを検討することが決まった。

 この日はまず、県教育委員会が、採点ミスに関与した教員のべ1262人に対する聞き取りの結果を報告した。

 それによると、原因について、長時間の採点による疲労や休憩不足をあげた教員はのべ967人で7割を超えた。改善策では、約半数にあたるのべ621人が採点日数を増やすことや、点検日を別に設けることをあげ、マークシート導入を求めた教員ものべ248人いたという。

 また、近年採点ミスが発覚した東京都神奈川県でとられている対策として、一部でマークシートを導入▽記述式の回答は2~3人の教員が別々に採点をして照合▽合格最低点付近の答案は再点検▽全受験生に答案の写しを交付――などが紹介された。

 その後、委員らはマークシートの導入や、点検方法の見直しなどについて予定時間を1時間ほど超過して議論。最終的に、記述式回答は残しつつ選択問題ではマークシートを導入▽合格最低点付近の答案は再点検▽記述式問題の採点基準を明確化▽不合格者には合格発表後に速やかに答案を開示▽答案の用紙に点数の小計欄を設けるなど、採点しやすいデザインに変更▽採点に対する教員の意識を向上させるための工夫を講じる――などの対策をとる方向でまとまった。

 次回22日の会合で、これらの案を具体化させた上で、26日に教育長に提言書を手渡す予定。22日には、採点ミスに関わった教員の処分のあり方についても議論する。(佐々木凌、藤田大道)