【ドキュメント動画】バレーとバスケ二刀流、道切り開く

有料会員記事

河野光汰
【A Scene】 スポーツ二刀流 道なき道を切り開く
[PR]

 近畿大にバレー部とバスケットボール部を掛け持ちし、双方で全日本大学選手権の8強入りに貢献した留学生がいる。

 コンゴ民主共和国出身のムヤ・フランシス選手(19)。もともとはバスケット部員として高校から日本に留学し、バレーへの熱心な勧誘にほだされて大学で「二刀流」に挑んでいる。

 1年生だった昨秋、まずは関西のリーグを舞台に大車輪の活躍だった。

 10月24日、バレーの関西学生リーグ立命大戦が行われる奈良県内の体育館にその姿があった。身長206センチ、体重100キロの巨漢はひときわ目を引く。主にブロッカーとして相手の攻撃を断った。

 翌25日の午前中は大阪府吹田市に。バレーの龍谷大戦に出場し、夕方からは大阪市内であったバスケットの京産大戦へ。ゴール下で相手留学生と競り合うなど守備面で存在感を放った。「疲れもなくやれた」と涼しい顔だった。

 バレー、バスケともにリーグ優勝を果たした。

 約2カ月後、全国大会に舞台を移しても、その忙しさは同じだった。

 まずはバレーの全日本大学選手権で8強まで進んだ。12月3日の準々決勝で敗退すると、今度は7日に開幕したバスケットの全日本大学選手権へ「転戦」。こちらも8強まで進んだ。

 米国などでは複数競技の掛け持ちは一般的だが、日本の、しかもトップレベルの大学の体育会では珍しい。

 「両方で出場する選手は見たことがない」

道なき道を行く、フランシス選手の二刀流への挑戦。母国の家族もエールを送ってくれています。

 関西大学バレーボール連盟の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。