正恩氏、祖父眠る太陽宮殿を訪問 昨年は訪ねなかった謎

会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記が15日、祖父の故金日成(キムイルソン)首席の誕生日の記念日に合わせ、遺体が安置されている錦繡山(クムスサン)太陽宮殿を訪れた。

妻の李雪主(リソルチュ)氏や実妹の金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党副部長ら党幹部が同席した。朝鮮中央通信が16日、報じた。

 宮殿には祖父とともに父の故金正日(キムジョンイル)総書記の遺体が安置されており、正恩氏は最高指導者の家系である「白頭山(ペクトゥサン)血統」の正統性のよりどころとしている。

 昨年は訪問しなかったため…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら