「舐達麻」の2人、大麻所持容疑 大麻クッキーなど押収

[PR]

 自宅などで大麻を所持していたとして、警視庁はラップグループ「舐達麻(なめだるま)」のメンバー2人と、付き人の男2人を含む20~30代の男女7人を大麻取締法違反の疑いで逮捕し、16日発表した。

 組織犯罪対策5課によると、逮捕されたのは、ともに舐達麻のメンバーで歌手の本多勇翔(はやと)容疑者(32)=埼玉県熊谷市大原4丁目=と広井大輔容疑者(31)=さいたま市大宮区下町3丁目=ら9人。認否は明らかにしていない。

 本多容疑者は14日、自宅で乾燥大麻約8グラムを所持した疑いがある。広井容疑者は昨年9月8日ごろ、当時住んでいた熊谷市の住宅で乾燥大麻0・012グラムを所持した疑いがある。

 舐達麻は3人組の人気グループで、大麻の使用を推奨するような内容の曲も複数発表していた。

 警視庁は、9人の関係先から大麻草や大麻成分入りの手作りクッキーなどを押収。本多、広井両容疑者が付き人らに大麻の栽培や大麻クッキーの製造、密売などを指示した疑いもあるとみている。