サイゼはコンビニ跡地、日高屋は…外食の出店戦略に異変

会員記事

若井琢水、田幸香純

拡大する写真・図版コンビニ跡地に出店したサイゼリヤの小型店=2021年4月7日午後4時39分、東京都練馬区

[PR]

 新型コロナ禍で打撃を受けた外食大手が、出店戦略を見直している。都市部の好立地を取りに行く企業もあれば、ファミリー層の利用が見込める郊外店を強化する企業も。それぞれ、従来の出店戦略とは違ったエリアに挑むことで、新たな客層を取り込みたい考えだ。

 ファミリーレストランのサイゼリヤは今月8日、初めてコンビニの跡地を活用した小型店を東京都練馬区に出した。メニューは通常店と同じだが、客席は約40席と通常の3割ほどしかなく、従業員3人で回せる規模にして人件費を削減。チキンやデザートなど持ち帰り用の冷凍食品も販売し、利益を出しやすくした。

 これまでは100席以上の大…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら