活動記録を病院に置き忘れ 大津市、救急隊長を戒告処分

菱山出
[PR]

 大津市は16日、救急出動報告書と救急活動記録を病院に置き忘れたなどとして、消防署の救急隊長(43)を同日付で戒告処分にしたと発表した。上司に虚偽の報告もしたという。

 市消防総務課によると、救急隊長は昨年7月29日、実習で大津市内の病院に勤務した際、同25、26日の救急出動報告書と活動記録を病院の部屋に置き忘れた。市民計8人分の氏名や住所、症状などが記載されていたという。

 11月に消防署の別の職員が、文書がないことに気づいた。救急隊長は、病院の部屋に置き忘れたことを思い出し、再訪して発見した。その際、上司に置き忘れたことを言い出せず、署出張所の新聞受けにあったと報告したという。(菱山出)