処理水による風評被害「迅速かつ適切に賠償」 東電社長

会員記事

長崎潤一郎、小坪遊
[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水を海に流すことについて、東電の小早川智明社長は16日、福島市内で会見した。風評被害が起きた場合、期間や地域、業種をあらかじめ限定せずに、損害を迅速かつ適切に賠償するとした。「被害者に極力負担をかけないよう柔軟に対応する」という。

 海洋放出に向けて工事の計画などをまとめ、原子力規制委員会に申請し認可を得る。申請の時期については明らかにしなかった。実際に放出を始めるのは約2年後になる。

 東電では福島第一原発の地震計の故障放置や、柏崎刈羽原発新潟県)のテロ対策の不備など不祥事が相次いでいる。小早川社長は会見で、「信頼を失っている状況で組織を抜本的に改革したい。私が前面に立って取り組む」とした。

 小早川社長はこの日、政府が海洋放出の方針を決めてから初めて福島県を訪れ、内堀雅雄知事と会談した。内堀知事は「廃炉、処理水対策の実施者は東電自身だ。責任と覚悟を持って取り組んでほしい」と求めた。

 東電は福島第一原発の処理済…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら