宇野昌磨「今回は足りていなかった」 一問一答

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男子フリーがあり、宇野昌磨トヨタ自動車)は164・96点だった。

 冒頭では、トリプルアクセル(3回転半)―4回転トーループの連続ジャンプに挑戦。アクセルは決まったが、二つ目のトーループは転倒した。前日のSP(ショートプログラム)と同様、この日もジャンプに苦しみ、単独の4回転トーループでも転倒し、演技後は息を切らして、悔しそうな表情を浮かべた。

 演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――冒頭で3回転半―4回転トーループに挑んだ。

 「決して調子が良い状態ではなく、順位がかかっているチーム戦という場でこのような挑戦をさせて頂いたことに、もちろん申し訳なさもあります」

 「けど、チームメートの皆さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]