古代エジプト展が開幕 神々の世界語る130点 京都で

編集委員・中村俊介
【動画】「古代エジプト展 天地創造の神話」の準備風景=飯塚晋一撮影
[PR]

 古代エジプトを神々の世界から読み解く「古代エジプト展 天地創造の神話」(朝日新聞社など主催)が17日、京都市京セラ美術館で始まる。世界屈指のコレクションを誇る国立ベルリンエジプト博物館所蔵の約130点が披露される。

 ナイルのほとりに花開いた古代文明宇宙観や世界創生の物語、来世への考え方などを豊富な出土品で紹介。鮮やかに彩られた「パレメチュシグのミイラ・マスク」や、びっしりと呪文に覆われた「タイレトカプという名の女性の人型棺・外棺」など逸品が集う。

 展示品に加え、古代エジプト人が思い描いた死後の世界などをアニメーションでわかりやすく解説。鳥やライオンといった動物たちを模した神々の造形も来訪者を迎えてくれる。

 6月27日まで。一般2千円など。事前予約優先。問い合わせは同館(075・771・4334)。(編集委員・中村俊介