中国指導部求めた「厳罰」 民主派重鎮に異例の禁錮刑

会員記事

上海=奥寺淳
[PR]

 香港民主派の重鎮で「リンゴ日報」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏(72)に16日、未許可デモを組織したなどとして禁錮1年2カ月が言い渡された。過去の同種の事案とはかけ離れた重い量刑判断で、民主派への「厳罰」を求める中国指導部の方針に沿った判決となった。

 関係者によると、黎氏は16日、拘置所から裁判所に入った。白いシャツに青いジャケット姿で、集まった支持者たちからの声援にうなずいてみせた。法廷では落ち着いた様子で、判決言い渡しの際も表情を変えなかったという。支持者らは裁判所の外で「政治弾圧だ」とのプラカードを掲げて抗議した。

 判決は、黎氏が2019年8月18日の未許可デモを組織して参加し、同31日の未許可デモに参加したとした。しかし香港メディアによると、黎氏の弁護側は公判で18日のデモについて「組織はしていない」などと反論していた。また黎氏とともに31日のデモに参加した民主派団体主席で、この日禁錮1年2カ月を言い渡された李卓人氏は前回公判で「未許可デモには参加したが、悪いことはしていない」と主張していた。

 香港紙明報によれば、未許可…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら