7点差はなぜ難しい? 巨人・菅野が語る完封の「美学」

会員記事

井上翔太
[PR]

 (16日、プロ野球=巨人7―0DeNA)

 スポーツを取材していると、いつまで経っても覚えているアスリートの一言に出会うことがある。

 巨人・菅野智之が2018年、2年連続となる沢村賞を獲得した際の言葉が、忘れられない。

 「自分の中では、僅差(きんさ)での完封の方がやさしいんです」

 最初は、真意が分からなかった。だが、説明を聞くうちに理解できた。

 点差が開くと、無死または1…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら