イタリア、感染防止策を段階緩和へ 店内飲食も一部可に

ローマ=大室一也
[PR]

 イタリアのドラギ首相は16日、新型コロナウイルス感染防止のための規制を段階的に緩和していくと発表した。特に感染リスクが高いとされる「レッドゾーン」の州や地域を除き、26日から高校生は学校で授業を受けられる。

 全国的に飲食店の営業は持ち帰りサービスに限られているが、一部の州や地域で客席での飲食物提供が可能になる。屋外プールは5月、屋内のプールやジムは6月から営業が再開できる。

 「レッドゾーン」に指定された州や地域では引き続き、食料品や生活必需品を販売する店を除いて閉鎖を余儀なくされ、仕事や健康上の理由でない外出が禁止される。

 イタリアは3月に入ると新規感染者数が2万人を超える日が相次ぎ、中旬には「第2波」が猛威をふるった昨年11月下旬の水準に逆戻りした。このため政府は3月中旬から「イースター(復活祭)」が終わる4月上旬まで多くの州や地域でロックダウン都市封鎖)を行った。15日の新規感染者数は1万6974人。(ローマ=大室一也)