菅首相、中国に「譲歩する考えはない」 訪米中の講演で

[PR]

 菅義偉首相は16日午後(日本時間17日午前)、米戦略国際問題研究所(CSIS)主催のオンライン講演会で演説した。

 この日の日米首脳会談で最大の焦点だった中国について「東シナ海南シナ海などで一方的な現状変更の試みを継続している」と指摘。その上で「主権に関する事項、民主主義、法の支配などの普遍的価値について、譲歩する考えはない」と強調した。

 北朝鮮問題では「日米、日米韓の3カ国で緊密に連携し、安保理決議の完全な履行を求め、北朝鮮の非核化を目指す」と述べた。

 一方、人権問題では歯切れが悪かった。講演の最終盤で取り上げ、「ミャンマー新疆ウイグル自治区、香港などの人権状況についても、日本はしっかりと声を上げつつ、国際社会と連携して具体的な行動を求めていく」と述べるにとどめた。