首相「台湾海峡の平和の重要性、日米で一致」 中国意識

会員記事

[PR]

 菅義偉首相は17日(米国時間16日)、バイデン大統領と初の会談を行った。会談後の共同記者会見で、焦点の台湾海峡情勢について菅首相は「台湾海峡の平和と安定の重要性については日米間で一致しており、今回改めてこのことを確認した」と述べた。

 会見の冒頭、菅首相は「インド太平洋地域と世界の平和と繁栄に対し、中国が及ぼす影響について真剣に議論を行った」と説明。中国が軍事活動を活発化させている東シナ海南シナ海での現状変更の試みに加え、「地域の他者に対する威圧に反対することでも一致した」と語った。

 その後、記者団から会談での台湾をめぐるやりとりを問われ、首相は地域情勢について意見交換する中で、台湾をめぐっても議論したことを明かした。

 台湾については共同文書に明…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら