有人の月面着陸機、スペースXが開発へ NASAと契約

会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 米航空宇宙局(NASA)は16日、アポロ計画以来の有人月探査を目指す「アルテミス計画」で使う月面着陸機の開発企業にスペースXを選んだと発表した。契約は28億9千万ドル(約3100億円)。

 NASAの計画では、新開発の有人宇宙船オリオンで、4人の宇宙飛行士を月の軌道上へ数日間かけて運び、2人がスペースXの着陸機に乗り換え、月面を目指す。

 着陸機は外に出られるようになっている。飛行士は約1週間かけ、月面歩行をしながら探査する。再び着陸機に乗ってオリオンに戻り、地球に帰還する。

 NASAは、アマゾン創業者…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら