拉致被害者家族、日米で即時解決要求に「言葉だけでは」

[PR]

 北朝鮮による拉致被害者の家族が17日、日米首脳が拉致問題の即時解決を求めると再確認したことを受けて、代表取材に応じた。

 田口八重子さんの兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(82)は「即時解決を求めることを再確認したというが、具体的なことははっきりしていない。日本が何をやるのか。そしてアメリカがどういう支援や協力をしてくれるのかが見えない」と話した。「われわれ被害者家族は長い間待っている。言葉だけでは納得できない。いつまでに何をやるのか決めてもらいたい」と、行き詰まる拉致問題の進展をあらためて求めた。

 横田めぐみさんの母、早紀江さん(85)は「日米がちゃんと話し合って、きちっと決めてくれてよかった」。その上で、「とにかく子どもたちが日本の土を踏んでくれたら良いと思っている。それだけなんです」と訴えた。