在米中国大使館「台湾への干渉許されない」 日米に反発

北京=冨名腰隆
[PR]

 日米首脳会談を受けて在米中国大使館の報道官は17日午後2時(現地時間午前1時)、記者の質問に答える形式で談話を発表した。内容は以下の通り。

 「台湾、香港、新疆ウイグル自治区の問題は中国内政であり、東シナ海南シナ海は中国の領土主権と海洋権益に関連している。これらの問題は中国の根本利益にかかわっており、干渉することは許されない。われわれは米日首脳共同声明に関連する言及に強い不満と断固反対を表明する。中国側は国家主権と安全、発展の利益を断固として守る。

 米日の発言はすでに二国間関係の正常な発展という範囲を完全に超えており、第三者の利益を損ない、地域国の相互理解と信頼を損ない、アジア太平洋の平和と安定を損なっている。アジア太平洋地域を分裂させ、他国を狙う『小グループ』をつくろうとしているのに、『自由で開かれた』と冠するのはこの上ない皮肉である。このように時代に逆行し、地域国家の心の通い合いを退けようとする米日の企ては、他人を傷つける目的であっても、必ずや自らを傷つける結果に終わるであろう」(北京=冨名腰隆