負担増、なのに時給は下がった コロナ禍で意欲わかぬ春

写真・図版
[PR]

 福岡県内の大学で、10年以上非常勤講師として働いています。2020年度は年間で4コマの授業を受け持ちましたが、コロナの影響で全てが遠隔授業でした。

非常勤講師の60代女性

 コロナをきっかけに、テレワークが広まり働き方が変わるのは良いことだと思います。ただ、パソコンの買い替えなど余分な出費があったり、慣れない形式の授業に対応するための準備に通常の倍以上の時間がかかったり。私にとっては負担が増える働き方の「改悪」だったと感じています。

 コロナの影響かどうかはわかりませんが、新年度からは時給が1割下がりました。大学側から理由の説明はありませんが、1年ごとの更新なので条件をのまざるを得ません。4月から対面授業が復活し、心機一転頑張りたかったのに、意欲が湧かない悲しい春です。(福岡県・60代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。