昼カラオケに自粛要請 経営者は複雑「また休まないと」

有料会員記事新型コロナウイルス

丸山ひかり
[PR]

 食事や飲み物を出す店で日中に歌を楽しむ「昼カラオケ」。高齢者のファンが多いが、新型コロナウイルスクラスター(感染者集団)が各地で発生しているとして、国は「まん延防止等重点措置」の対象区域で、埼玉県は県内全域で、こうした店で歌うことを自粛するよう呼びかけている。県内のカラオケ喫茶の経営者らは複雑な思いを抱いている。(丸山ひかり)

     ◇

 14日の昼下がり、さいたま市内のカラオケ喫茶を訪ねた。客は、仕事の休憩中にほぼ毎日来るという70代の常連男性が一人だけ。クリームソーダを飲み終えソファでくつろいでいた。

 「もう3時。歌おう」

 男性は店の中央に置かれたモニターの前に立ち、店が常備する除菌シートでマイクをふいた。口を近づける先端をそのシートで覆うと、マスクをしたまま演歌を朗々と歌い始めた。

 モニター前には飛沫(ひまつ)防止の大きなビニールシート。歌い終え、マイクからシートを外してゴミ箱に捨てると「ご飯を食べて2、3曲歌う。これがあるから仕事ができる」と笑った。

 店主の70代女性は「常連は70、80代がほとんど。コロナ前より9割減った」。コロナ前は深夜まで営業していたが、今は夕方まで。グループ客は激減し、店としても一度に数人しか受け入れていない。入店時の検温・消毒や客の記録などもしている。

 ただ、女性は以前、コロナに…

この記事は有料会員記事です。残り948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]