ワクチン「9月末までに全対象者へ供給可能」河野担当相

会員記事新型コロナウイルス

坂本純也
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンについて、政府内の調整を担う河野太郎行政改革相は18日のフジテレビの報道番組で、9月末までに製薬会社からすべての接種対象者分(16歳以上)が供給される見通しになったとの認識を示した。政府関係者によると、すでに接種が始まっている米製薬大手・ファイザーに加えて、承認申請中の英製薬大手アストラゼネカと米バイオ企業モデルナのワクチンも想定している。

 番組で河野氏は、「9月末までに日本が入手できる全てのワクチンで、今の接種対象者に接種を完了できるペースでワクチンを供給してもらう」と述べた。

 そのうえで、菅義偉首相とファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)との17日の電話協議に言及し、「それに足りる分だけ、ファイザー社にも追加で供給をお願いした」と説明した。協議そのものについては「実質的に合意がなされている。細かいスケジュールの調整はこちらでやる」とも語った。ただ、実際に追加供給される数量や自治体への配送の時期は明らかにしなかった。

 ワクチン供給を巡っては、訪…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]