菅首相、アメリカから帰国 バイデン氏と同盟強化を確認

[PR]

 バイデン米大統領との首脳会談を終えた菅義偉首相は18日、政府専用機羽田空港に到着、帰国した。

 首脳会談では、中国が軍事的活動を活発化させている台湾海峡情勢について協議し、共同声明で「台湾海峡の平和と安定の重要性」を明記。インド太平洋地域の安定のため、日米同盟のさらなる強化を確認した。

 経済分野では中国との競争を念頭に、日米で高速通信規格「5G」について連携して投資を進めることで一致。最先端の技術開発や半導体などの供給網づくりで連携を強化することでも合意した。