ワクチン効かず?世界襲う変異株 インドでは二重変異も

有料会員記事新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚、ワシントン=合田禄 ニューデリー=奈良部健
[PR]

 新型コロナウイルスによる世界の感染者数が再び急増し、1日あたり70万人(7日間平均)を超えて過去最多の水準になっている。背景にあるとみられるのが感染力の強い変異株。ワクチン接種が進む国でも感染が拡大しており、各国は危機感を強めている。

 新型コロナワクチン接種が進む国でも、感染状況は悪化している。

 フランスワクチンを1回受けた人の割合は約19%だが、1日の感染者数は3万人以上。うち9割を変異株が占め、政府は感染のピークにはまだ達していないとみている。

 15日には、新型コロナによる死者数が10万人を超えた。このうち4割が、変異株が初めて確認された昨年12月末以降だ。

 中でも仏政府が警戒している…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]