清水邦夫さん追悼 傷つき闘う人描く 劇作家・坂手洋二

有料会員記事

聞き手 編集委員・藤谷浩二
[PR]

 演出家の故蜷川幸雄さんとのコンビで知られ、長年にわたって多くの名戯曲を生みだした劇作家の清水邦夫さんが15日、84歳で亡くなった。「先輩としてとても大きな存在で、背中を追ってきました」という劇作家の坂手洋二さん(59)が清水さんの思い出や作品の魅力について語り、しのんだ。

        ◇

強固な意志をはらんだせりふ

 高校時代、映画「竜馬暗殺」のポスターを部屋の壁に貼っていました。実は地元の映画館を借りて自主上映したんです。その「脚本」にあった名前が清水邦夫。後にお会いし、親しくお話しするようになるとは考えていませんでした。

 1960年代以降の「アンダーグラウンド演劇」のなかで、私たちの世代が特に影響を受けた劇作家は清水さん、唐十郎さん、別役実さんだろうと思います。3人とも独自の文体を持っていて、ちょっとその人ふうには書いてみたりはするのですが、本当のまねはできないはずです。

 なかでも清水さんは、長いタ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら