(古都ぶら)洛中の景観「守りたい」

会員記事

高井里佳子
[PR]

杉本家住宅・膏薬辻子かいわい(下京区

 間口が約30メートルもある巨大な町家のすぐそばに、道幅2メートルほどの狭くて曲がりくねった路地。京都市中心部に、こんなコントラストの際立つ一角がある。風情を感じに、かいわいを訪ね歩いた。(高井里佳子)

 道路沿いに延々と続くかのような町家の重厚感に、「洛中にいる」と感じた。四条通のひと筋南、綾小路通で異彩を放つ杉本家住宅(京都市下京区)だ。国重要文化財に指定されている。

 「今の大丸高島屋の建物も元々は2階建ての町家だった。その気になれば、そうした施設が建てられたような大きな住宅だ」

 国際日本文化研究センター所…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら