輸出入額、リーマン以来の下げ幅 昨年度、コロナ禍受け

[PR]

 財務省が19日公表した2020年度の貿易統計(速報、通関ベース)によると、新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済が低迷した影響で、輸出入額ともにリーマン・ショック後の09年度以来の下げ幅となった。輸出は自動車などが振るわず19年度比8・4%減の69兆4873億円。輸入も原油や液化天然ガスなどが減少し、11・6%減の68兆1803億円だった。

 国別では、米国への輸出は、自動車(16・5%減)や原動機(25・7%減)などの落ち込みで16・5%減。EUとは自動車関連を中心に輸出入額とも減少した。一方、コロナ禍から一足早い回復を見せた中国への輸出は、製品の原材料となる非鉄金属やプラスチックなどが大幅に増え、過去最高の15兆8997億円(9・6%増)だった。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆3070億円で、3年ぶりの黒字だった。