ミャンマーで拘束の日本人ジャーナリスト 刑務所に移送

バンコク=福山亜希
[PR]

 在ミャンマー日本大使館は19日、ヤンゴン在住の日本人フリージャーナリスト、北角(きたずみ)裕樹さん(45)が18日夜に拘束され、市内のインセイン刑務所に移送されたことを確認したと明らかにした。複数の現地メディアが18日夜、北角さんが治安当局によって連行されたと報じていた。

 日本大使館によると、北角さんは18日午後7時50分ごろ、ヤンゴンの自宅で治安当局に拘束された。その後、インセイン刑務所に移送されたとみられる。容疑や健康状態などは確認できていないという。加藤勝信官房長官は19日の会見で、ミャンマー当局側に解放を求めていると明らかにした。

 北角さんは日本経済新聞の元記者で、ミャンマー国軍がクーデターで権力を握った直後から、現地で抗議デモの様子などを取材していた。2月26日にもヤンゴンでデモを取材中に治安当局に身柄を拘束され、同日中に解放されていた。

 国軍側は抗議デモへの弾圧を強めている。インセイン刑務所にはこれまで、拘束されたデモ参加者や記者ら多数が移送され、勾留されている。(バンコク=福山亜希)