バレエ服の私は男の車に…沖縄で渡された「汚い5ドル」

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 きれいに写真を撮ってください、と彼女は言った。決してかわいそうな女性に写らないように、不幸な被害者に見えないように、と。

 日系米国人でノルウェー・オスロに暮らすベッツィー河村さん(59)はいま、性犯罪の被害者が声をあげやすい環境づくりをめざし、NGO法人をつくって活動している。4月はニューヨークに滞在し、国連職員らと対話を重ねた。

 彼女が沖縄で性被害にあったのは、もう47年前になる。ただ、どれだけ月日が流れても、人生を大きくゆがめたあの数日間を、あの男のコロンのにおいを、忘れることができない。

           ◇

大型書店で話しかけてきた白人

 河村さんは1961年、ハワイにルーツがある父と、日本人の母のもとにカリフォルニア州サクラメントに生まれた。父は電気技師で、主に米軍との契約で家族を養っていた。河村さんが2歳のころ、やはり米軍との契約の関係で、一家で沖縄・コザ市(現・沖縄市)に移住した。

【連載】子どもへの性暴力

子どもたちの心身とその後の人生を脅かす性暴力の実情についてレポートします。

 沖縄の自宅は、嘉手納飛行場の入り口から徒歩10分ほどの場所にあった。米兵相手の歓楽街「BCストリート」(現・中央パークアベニュー)がすぐそばに広がっていた。「トップレスの女性のポスターがあちこちにあって、すごく嫌な、ひどい雰囲気のところだった」

 米軍はごく身近な存在だった。「基地が私の世界だった」。基地内の幼稚園、小学校に通った。バレエもそこで習った。

 事件があったのは、12歳のときだ。

 74年の晩秋、基地内でのレ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。