トヨタ、2025年までにEV15車種に 新シリーズも

会員記事

千葉卓朗
[PR]

 トヨタ自動車は、19日に開幕した自動車展示会「上海国際モーターショー」で、新たな電気自動車(EV)専用シリーズの試作車を公開した。スポーツ用多目的車(SUV)で、2022年半ばまでに世界販売する。EVの販売車種を25年までに15車種に拡大することも明らかにした。

 トヨタは、世界で販売するEV専用車種として「TOYOTA bZ(ビーズィー)」と名付けた新シリーズを立ち上げる。

 この日公開したSUVは、車体の基本構造はスバルとの共同開発。新シリーズの第1弾として22年半ばまでに発売し、中国と日本で生産する計画。今後、計7車種の「bZ」シリーズを投入。トヨタ全体では、25年までにEVを今の6車種から15車種に拡大するという。

 トヨタは25年までにハイブ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら