イギリスの振付家、リアム・スカーレットさん死去

 リアム・スカーレットさん(英国の振付家)が35歳で死去した。英国ロイヤル・バレエが17日、ウェブサイトで明らかにした。

 12年、26歳の若さで名門ロイヤル・バレエの常任振付家に。13年、同じロイヤル・バレエ出身の熊川哲也率いるKバレエカンパニーが、ドビュッシーの曲を使った新作「プロムナード・センチメンタル」を日本で委嘱初演した。18年、ロイヤル・バレエで31年ぶりに「白鳥の湖」を新演出、人物造形を独創的に掘り下げた解釈で世界的に話題を集めた。20年、セクハラの疑いで同団を解雇されていた。