また厚労省でシステム混乱 2万事業所がログインできず

会員記事

石川友恵
[PR]

 高齢者のリハビリやケアの情報を集める厚生労働省のデータベース「科学的介護情報システム」(LIFE)で、4月の運用開始に合わせた利用申し込みが殺到し、一時は約2万の事業所がデータを提出できない事態になった。パスワード発送の事務作業が間に合わなかったほか、システムに関する相談も相次ぎ、厚労省はデータ提出期限の延長を検討している。

 LIFEは、高齢者の通所や訪問によるリハビリの記録、ケアの内容などのデータを蓄積するシステム。蓄積された全国平均のデータと比べて、事業所や利用者にリハビリの効果が出ているかなどを分析し、介護プランの作成に役立てる。今年度の制度改定で介護事業所側はデータを提出すると介護報酬が加算され、収入が増える仕組みになった。

 4月前半から利用を始めるため、厚労省が3月25日までに申請するよう求めたところ、申請した事業所は2月末の5585から3月25日時点で約5万5千に急増した。厚労省は申し込みを受けた後、システムの利用に必要なIDやパスワードを発行し、はがきで送付する手順だったが、事務処理が追いつかなくなった。IDやパスワードが入手できず、4月15日時点で約2万事業所がログインできない状態になった。

 厚労省が設置した相談窓口に…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載介護とわたしたち

この連載の一覧を見る