寝屋川監禁死、二審も長女の両親に懲役13年 大阪高裁

米田優人
[PR]

 大阪府寝屋川市で2017年、住宅内のプレハブの小部屋に長女の柿元愛里さん(当時33)を監禁して凍死させたとして、監禁と保護責任者遺棄致死罪に問われた父親の泰孝被告(58)と母親の由加里被告(56)の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。和田真裁判長は、両被告を求刑通り懲役13年とした一審・大阪地裁裁判員裁判の判決を支持し、両被告側の控訴を棄却した。

 昨年3月の一審・大阪地裁判決によると、両被告は07年3月ごろから、内側から解錠できない扉や監視カメラが設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁。17年12月ごろには愛里さんが急激にやせ衰えていたのに、十分な栄養を与えず、同月に凍死させた。

 弁護側は、小部屋での生活は、狭い場所での生活を望んでいた愛里さんを療養する目的だったとして無罪を主張していた。(米田優人)