二階氏発言「きわめて常識的」 山梨知事、五輪巡り言及

新型コロナウイルス

吉沢龍彦
[PR]

 自民党二階俊博幹事長が東京五輪パラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染状況次第では「スパッとやめなきゃいけない」と発言したことをめぐり、山梨県長崎幸太郎知事は19日、「きわめて常識的な発言ではないかと思う」と述べた。

 長崎氏は知事就任前から二階派に所属している。19日の記者会見で二階氏の発言について問われ、「感染状況次第で、大きくまん延している中で五輪をやると言う方が常識に反している。国民、県民の健康状態に極めて深刻な影響を及ぼすような感染状況であれば、五輪なんかやっている状況でないだろう」と語った。

 一方、現在の感染状況について「競技会場となる近県の状況は大変心配だ。まん延防止等重点措置で、1都3県を含めみんなでがんばっている」と述べ、「これが成果を上げて五輪を開催できるようになることを願う」とも語った。(吉沢龍彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]