五輪マラソンテストイベント、代表内定の男女5選手出場

[PR]

 東京五輪のマラソン競技のテストイベントとして5月5日にある「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」で、ハーフマラソンの部に出場する主な選手が19日、発表された。東京五輪のマラソン代表に内定している男女5人を含む計79人で、今後、海外の招待選手を含め100~120人規模になる見通し。

 北海道や札幌市東京五輪パラリンピック組織委員会などでつくる実行委員会によると、この夏の東京五輪の内定選手では、男子は中村匠吾(富士通)、服部勇馬トヨタ自動車)の両選手、女子は前田穂南天満屋)、鈴木亜由子日本郵政グループ)、一山麻緒ワコール)の3選手が出場する。海外を拠点とする大迫傑選手(ナイキ)はこの日の発表リストには入っていない。

 このほか、東京五輪の補欠に選ばれている大塚祥平九電工)、橋本崚(GMO)、松田瑞生(ダイハツ)の3選手も参加する。

 海外勢については現在、9カ国の13選手と調整しているという。

 出場者のうち、3選手が発表したコメントは以下の通り。

 中村匠吾選手「少しずつ(コンディションを)上げてきている状態なので、これからペース設定を行って、練習の一環として出場しながらコースの確認をメインに持っていきたい。大会を終えてから徐々に本格的に合宿に入っていくので、ある程度、状況確認をしていい準備ができればいい」

 一山麻緒選手「実際の五輪コースなので、そこで自分の自己ベストを出すことができたら、本番でもゆとりを持ってハーフが通過できると思うので、ベストで走りたい。五輪に向けていいイメージができるように今からしっかり準備をしていきたい」

 服部勇馬選手「オリンピックで結果を出すための走りというか、コースのチェックを含め体のチェックも含め、すべてオリンピックに向けていい方向に持って行けるようなレースにしたいと思っている。強い選手も出ますし、そこにすべてとらわれずに自分自身の走りをしたいと思います」