愛媛県、最大警戒レベル4週間延長 全域に外出自粛要請

新型コロナウイルス

伊東邦昭
[PR]

 愛媛県の中村時広知事は19日、新型コロナウイルスの最大警戒レベル「感染対策期」の期限を、これまで予定していた21日から4週間延長し、5月19日とすると発表した。不要不急の外出自粛要請を県内全域に広げた。また、まん延防止等重点措置の適用を国に要請する方針を固めたことも明らかにした。

 中村知事は会見で、医療機関への負荷が高まっていることを挙げ、「これから1カ月、仕事やプライベートを含めて、外出機会を少なくとも5割削減することを目標にしてほしい」と強調。延長期間に5月の大型連休が含まれるが、「遠方の友人や家族、孫と会いたい気持ちは分かるが、自分にも相手にも危険が及ぶ」と話し、理解を求めた。

 対策期の延長とともに、飲食店への営業時短要請は県内全域に拡大。特に松山市内では22日から、重点措置の適用地域と同じ水準の「全ての飲食店で午後8時までの営業」を要請する。22日以降、県立学校では高校総体など公式大会の参加を除いて校外との交流を禁じるほか、新たに県歴史文化博物館(西予市)を休館する。松山市道後温泉本館松山城も、5月19日まで休業を延長する。

 県は、飲食店向けの時短協力金の内容も発表。昨年度か一昨年度の売上高に応じて、松山市内の飲食店には1日あたり3万~7万5千円、他の市町の酒類提供の飲食店には2万5千~7万5千円を給付する。協力金の対象外の業種についても、県と市町が共同で、全市町共通の支援金制度を作る。1カ月の売り上げが50%以上減った事業者を対象に、検討中という。

 県はこの日、新たに15人の感染と、感染者1人の死亡を発表。県内の感染確認は計1970人、死者は計28人になった。感染者15人は、松山市7人▽四国中央市4人▽今治市2人▽宇和島市西条市各1人。(伊東邦昭)

愛媛県の主な要請内容

【19日から】

・県内全域で不要不急の外出自粛

【22日から】

・全都道府県との不要不急の往来自粛

・午後8時までの営業時間短縮(松山市全域の全飲食店)

・商業施設の催事や販促セールの延期検討

【26日から】

・午後9時までの営業時間短縮(松山市以外の19市町の酒類提供の飲食店)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]