コロナ禍は日本の危機 尾身会長が求めるリーダーシップ

有料会員記事新型コロナウイルス

聞き手・阿部彰芳、編集委員・辻外記子
【動画】政府のコロナ対策分科会・尾身茂会長インタビュー=藤原伸雄撮影
[PR]

 政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長が19日、朝日新聞の取材に応じ、医療が逼迫(ひっぱく)する大阪府は「ここまでくると自然災害と同じような位置づけにするべきだ」と話し、全国的な取り組みを求めた。急増する感染者を一気に減らす必要があるとし、そのためには「(飲食店への)時短営業を中心としたものだけでは無理」だと語った。接触機会の削減という強い対策に立ち返る必要性も述べた。

「外出控えざるを得ない環境」が必要

 尾身氏は、政府が緊急事態宣言などを諮る基本的対処方針分科会の議長でもある。尾身氏は大阪府では「一般診療への影響がかなり深刻に出ている」とし、災害派遣医療チーム(DMAT)や自衛隊の派遣も含め、「オールジャパン」の対応が必要だと指摘。「(患者の治療に優先順位をつける)トリアージ的な考え方がやむを得なくなっている。普通の医療というより、そういう危機感、とらえ方が必要だ」と強調した。

 大阪府では、夜間の人流(人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]