「赤いシリーズ」嵐の日々 三浦友和さんが半世紀を語る

有料記事

西本ゆか
[PR]

 ジェットコースターのように劇的な演出で1970~80年代にヒット作を連発した大映ドラマ。最大の作品群が「赤いシリーズ」でした。24日付朝日新聞「be」のアンケート企画「今こそ!見たい 大映ドラマ」で、とりわけ読者の熱いコメントを集めたのも、三浦友和さんと山口百恵さんのゴールデンコンビが恋人役を演じた「赤い疑惑」「赤い衝撃」などの「赤いシリーズ」です。頼もしく誠実なキャラクターで人気を牽引(けんいん)した三浦友和さんに、撮影当時の思い出と、デビューから来年で半世紀となる役者人生を聞きました。

 ――ゴールデンコンビの始まりは

 10代の夢はミュージシャンでした。忌野清志郎さんは高校の同級生で、彼の傍らで私もボンゴをたたいたりしていたんです。ある時、RCサクセションのマネジャーに「他のことをやった方がいいんじゃないの」と言われ、今の事務所を紹介してもらったのが俳優になったきっかけです。

 デビューは1972年、宇津…

この記事は有料記事です。残り2880文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。