豚熱で殺処分中、注射針が職員に刺さる 命に別条なし

津布楽洋一
[PR]

 栃木県那須塩原市内の養豚場で発生した豚熱(CSF)の防疫措置で、県は19日、養豚場で作業をしていた県の男性職員1人に、誤って注射針が刺さる事故が起きたと発表した。

 県によると18日午後8時50分ごろ、獣医師が子豚を殺処分するため薬剤を注射する際、この職員が豚を押さえていた。だが豚が予想以上に暴れたため、注射針が職員の左ふとももに刺さった。職員は近隣の病院に救急車で搬送。入院して治療を受けているが、命に別条はないという。

 今回の殺処分は薬剤、電気、ガスの3種類の方法で行われているが、県は安全性を考慮して、薬剤による殺処分を中止。防疫作業マニュアルを点検し、再発防止を徹底するという。

 殺処分は19日正午時点で6784頭、対象の18・3%まで進んだ。県は薬剤以外の二つの方法で、遅れないようにするとしている。(津布楽洋一)