トリチウムのキャラ、復興相が一転謝罪 チラシ作り直す

有料会員記事

山本孝興
[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水に含まれる放射性物質トリチウム」について、復興庁が作成したチラシや動画で「ゆるキャラ」のように表現した問題で、平沢勝栄復興相は20日、記者会見で「被災者の方に大変申し訳なかった」と頭を下げ、謝罪した。キャラクターを削除した上で作成し直し、チラシは週内に公表する予定だという。

 平沢氏は、動画とチラシを公開後、復興庁だけでなく、平沢氏の事務所や個人宛てにメールなどで多くの意見が寄せられていることを明らかにした。評価の声がある一方で、「原発の危険性を過小評価しているのではないか」「事故の内容から目をそらそうとしているのではないか」との批判が多いという。

 平沢氏は16日の会見では「(賛否)両方の意見があった」と述べ、謝罪するかどうかは今後判断するとしていた。だが、これらの指摘を受け「問題の本質から目をそらすなど想定していないが、そういった気持ちを抱かれる方がおられる。特に福島県の被災者の中におられるということは、私たちとしても大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と語り、謝罪に転じた。

 会見ではキャラクター以外に…

この記事は有料会員記事です。残り284文字有料会員になると続きをお読みいただけます。