大送別会の厚労省クラスター計27人に 新たに10人増

会員記事新型コロナウイルス

石川友恵
[PR]

 厚労省老健局の職員23人が先月、深夜まで送別会を開き、その後、新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる問題で、厚労省は20日、新たに10人の感染が確認されたと発表した。これで3月末まで老健局に所属した職員の感染者は計27人となった。国立感染症研究所は、今回の事態をクラスター(感染者集団)と判断し、感染経路などを調べている。

 今回の10人は発熱を訴えたり、自主的に検査を受けたりして感染が判明した。うち5人は3月24日に送別会を開いた老人保健課の職員で、送別会にも参加していた。送別会参加者で感染したのは計12人と、参加者の半数を超えた。

 送別会と感染の関連について、厚労省は「保健所が調査中」とし、今回の事態がクラスターにあたるかも「自治体が判断する」と説明した。変異株への感染が確認されたかも「不明」としている。

 一方、感染研厚労省に対し…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]