コロナウイルス素早く人工合成 ワクチン開発にも応用可

会員記事

瀬川茂子
[PR]

 大阪大微生物病研究所と北海道大の研究グループは、新型コロナウイルスを2週間程度で人工合成する技術を開発し、米専門誌セルリポーツに発表した。感染急拡大の一因とされる変異ウイルス(変異株)の解析やワクチン開発などに役立ちそうだ。

 人工合成ウイルスは研究に利用されるが、遺伝情報が比較的大きい新型コロナウイルスの合成は難しい。熟練の技術が必要で、これまで数カ月かかっていたが、世界中で様々な変異株が報告される中で、迅速化が求められていた。

 研究グループは、他のウイルスで成功していた簡便なウイルス合成法に注目した。ウイルスの遺伝情報を断片に分け、ウイルス検査にも使うPCRという装置で増やしながら、つないで伸ばしていく方法だ。

 こうして伸ばしたウイルスの遺伝情報のDNAを培養細胞に入れると、細胞の中でDNAをもとにRNAが合成され、RNAからウイルスができた。感染力がある新型コロナウイルスを合成できることを確認した。

 ウイルスは、「バイオセーフ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら