PS3ソフトのネット販売終了「判断誤り」、一転継続へ

有料会員記事

伊藤弘毅
[PR]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は20日、今夏に終えるとしてきた家庭用ゲーム機プレイステーション(PS)3」など2機種でのインターネット経由のゲームソフト販売などを、一転して続けると発表した。古いソフトで遊びたい利用者が、想定以上に多かったためという。

 PS3は7月2日、携帯型ゲーム機「PS Vita」は8月27日に、ソフトをネットでダウンロードして購入したり、ゲーム内で課金したりするサービスを終了すると3月末に発表していた。ただ、携帯型ゲーム機「PSポータブル」は、予定通り7月2日にサービスを終えるという。

 方針の転換について、SIEは20日にジム・ライアン社長名で「さらなる検討を重ね、この判断は誤っていたとの結論に至った」とのコメントを発表。利用者が今後もPS3などで「クラシックゲームを購入できることを強く望んでおられる」ことを理由にあげた。

 2006年発売のPS3は本…

この記事は有料会員記事です。残り233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。